長井メガネブログ

淡路島・洲本店のスタッフブログです。

翼からイメージされたメガネ

lafont(ラフォン)フレームのご紹介が続きます。
今日は1910年代から30年代にフランスを中心に流行した美術工芸品の装飾からデザインされたフレームのご紹介です。

まずはこちらです。

lafont
OSAKA(オーサカ)
\41,040-
以前子供フレームでNARA(奈良)というモデルがありましたが、今回もとっても関西なネーミングのフレームです。
黒ベースにピンクのライン。オリジナルカラーの先セル・・・と
lafontらしいカラーが印象的な1本。
lafont
レンズの上下幅もしっかりあるので用途(目的距離)に合わせた最適なレンズチョイスが可能です。
lafont



フレームの玉型に沿うように描かれた直線と曲線の優美なラインは下の写真のような装飾デザインからインスピレーションを受けデザインされています。
lafont



つづいてこちら。
lafont好きな方にお勧めしたいインパクトのあるデザインと美しいカラーの融合した1本です。
lafont
OTERO
(オテロ)
\46,440-
lafont



いまにも羽ばたきそうなこのフレーム。
lafont


鳥の両翼と
lafont

アール・デコの鉄細工さらインスピレーションを得ています。
lafont


ラフォンらしい独特なカラーと印象的なデザイン。
どちらも個性を放つ掛けるのが楽しくなるメガネフレームです。


コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 トラックバックURL:http://nagaimegane.blog100.fc2.com/tb.php/1393-e32998d1

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

長井メガネカウンター

検索フォーム

QRコード

QR