長井メガネブログ

淡路島・洲本店のスタッフブログです。

紫外線対策レンズ「SPF」と「PA」について

今日はZEISS社の紫外線対策レンズについてのお話です

ここ数日暑い日が続きましたね。
天気予報ではもうすぐ梅雨入り。梅雨が明けるとすぐに強い日差しが降り注ぐ日が続きます。

そこで気になるのが紫外線。
最近CMでも紫外線対策商品を良く見かけます。

日焼け止めなどの化粧品CMで良く目にする「SPF」や「PA」といった文字。
この数字が何を示すかご存知ですか?

紫外線を気にする女性の方なら良くご存知かもしれませんが、これは“紫外線の防止効果の高さ”を表しています。



昔に比べて暑くて、日射しの強い日が多いこれからの時期に注目される「SPF」と「PA」。
紫外線といっても大きく分けて3種類あるのはご存知でしょうか。
オゾン層で吸収され地表には届かないUV-C
エネルギーが強く、肌を赤くしたり、日焼けやシミ、白内障など目や皮膚に悪影響を及ぼすUV-B
エネルギーは強くはないものの長時間浴びることで肌を黒くしたり、シミやシワの原因とされるUV-A
の3種類です。

SPFとは
Sun Protection Factorの略でUV-Bによるサンバーン(赤くなる日やけ)の防止効果を「1~50」までの数値で表したものです。
数値が大きいほど強力な防御効果が得られ、SPF50よりもSPF50+が最高値となります。

PAとは
Protection Garde of UV-Aの略で、皮膚が黒くなる反応を指標にしたUV-Aの防御効果を示します。
UV-Aに対する防御指数を「+」から「++++」までの4段階で表します。「+」の数が多いほど強力な防御効果が得られ、「PA++++」が最高値となります。



「SPF」と「PA」、その注目の高さは各化粧品メーカーのサイトを見てもよくわかります。
紫外線
カネボウホームページより


紫外線
コーセーホームページより


紫外線
ノエビアホームページより

各社とも紫外線の紫外線ケアの必要性と、効果的な商品を紹介しています。


日焼け止を塗るだけでは日焼けします。
しかし、お肌にいくら紫外線カットのクリームを塗っても日焼けを防ぐことはできません。
近年の研究で目も紫外線情報を感知し、皮膚を黒くすることが分ってきました。つまり目から入る紫外線に反応し日焼けしてしまうのです。
だから本気の紫外線対策にはメガネやサングラスが必要となります。


そこでお勧めしたいのがドイツのカール・ツアイス社のPureCoatシリーズです。
↓左右のレンズに「Z」の品質保証マーク
YELLOWS PLUS


このたびZEISS社のPureCoatシリーズのレンズは紫外線防御効果の最高値である「SPF50+」「PA++++」の評価を受けました。
↓PureCoatシリーズのPureCoatPCレンズ。ブルーライトを低減し、反射が少なく透明度が高いレンズ。
YELLOWS PLUS
毎日身につけるメガネだからこそしっかりと紫外線対策したレンズがいいですよね?!

上でご紹介したZEISSのレンズを包み込む美しいフレームはYELLOWS PLUSの「SAMUEL」。
YELLOWS PLUS
いつも当店をお引き立ていただいているF様にお選びいただきました。
シンプルだから飽きのこない長く愛用いただけるメガネです。ありがとうございました。


ZEISS社については過去にも紹介しています詳しくはコチラ


コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 トラックバックURL:http://nagaimegane.blog100.fc2.com/tb.php/1336-ae2e85e2

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

長井メガネカウンター

検索フォーム

QRコード

QR