長井メガネブログ

淡路島・洲本店のスタッフブログです。

MYKITAマイキータフレーム DUKE入荷

イタリア1部リーグセリエAに移籍したあの選手がサングラスを着用していることでも話題のMYKITA(マイキータ)。
新作フレームが届きました。
出来上がり次第順次届いているので今回は1本だけです。

1本だけですが、すっきりとしたデザインとカラーで男性にお勧めしたいモデルです。
MYKITA


フレームカラーはネイビーとシルバーのコンビネーション。
ブリッジとアンダーリム(フレーム下部)がシルバーです。
MYKITA No.1 collection
DUKE

MYKITA


ドイツ製ハンドメイドフレーム“マイキータ”。
今年も目が離せません。


そしてこちらは最近お客様にお渡ししましたMYKITA。
当店の定番モデル
MYKITA
LUKAS (No.1 collection)

MYKITA


続いて女性にお渡ししましたMYKITA。
MYKITA
YUKI (mint collection)

MYKITA



どちらのMYKITAもレンズは同じくドイツの名門ZEISS(カール・ツアイス)をお選びいただきました。
MYKITA

MYKITA Mintcollectionはアジア(日本)向けにデザインされており、その為かモデル名も日本ではおなじみの名前が付いています。
ちなみにこのモデルの名前は“YUKI”。
MYKITA
たまたまですが“ゆき”さんが選ばれました。

YUKIの他にはKazuoやKenji、Mikaなどなど・・・。
あなたの名前のモデルがあるかもしれませんので是非店頭でお確かめください。

商品違いで申し訳ないのですが、そちらで扱ってらっしゃる、シルエットとリンドバーグで、テンプルの調整はどちらもきくのでしょうか?

シルエットは調整があまりきかないと聞いたのですが、耳の高さや角度の調節は、金属の眼鏡なら可能で、シルエットのような樹脂みたいなのは難しいのでしょうか?
2014/01/30(木) 17:30:04 | URL | まさ #-[編集]
まさ様
コメントありがとうございました。チェックが遅くなり申しわけございません。
早速ですが質問にお応えさせていただきます。

シルエットもリンドバーグフレームも、耳の曲がる位置の調整と、テンプルの高さの調整は基本的に可能です。


リンドバーグフレームでテンプルがチタンプレートの場合、フレームの長さによっては耳に合わせて調整しきれない場合もございます。
その場合はテンプルの長さ違いをオーダーできるモデルもございますのでご購入の際にご確認下さい。


シルエットフレームはリンドバーグのようにテンプルのサイズ違いはございませんが、樹脂タイプでも調整は可能です。
シルエットの樹脂は、軽くて耐久性に優れた独自の素材を使用しております。
熱により変形しやすいため、調整には注意が必要ですが可能です。
ただ、テンプルを曲げないようにデザインされているモデルもございますのでご購入の際は販売員にご確認下さい。


耳の高さに合わせた調整はリンドバーグ、シルエットの多くのモデルで素材に関わらず可能です。
ただ調整幅はモデルにより異なりますので、フレーム選びの際に、にしっかりと調整できるモデルをリクエストすることをお勧めします。


2014/01/31(金) 23:46:39 | URL | 長井メガネ #-[編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 トラックバックURL:http://nagaimegane.blog100.fc2.com/tb.php/1226-e1af5c11

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

長井メガネカウンター

検索フォーム

QRコード

QR