長井メガネブログ

淡路島・洲本店のスタッフブログです。

MotoGPライダー バレンティノ・ロッシ着用Latch

今日ご紹介するのはOakleyの人気モデルLatch(ラッチ)です。

Tシャツのネックラインなどにサングラスをラッチ(かけ止め)できるユニークな構造で発売以来人気のモデルです。
新色となるLatchはMotoGPライダー バレンティノ・ロッシ選手のシグネイチャーモデル!!

2016年モデルのCATALYST(カタリスト)に続き、2017年はLatchで登場です。

Latch
VALENTINO ROSSI signature Model

MatteBlack × ChromeIridium
\260,00(税別)
Latch ロッシモデル

Latch ロッシモデル
ゼッケンNoである46がデザインされて専用のソフトケースが付属します。
Latch ロッシモデル

相手から目が見えにくいクロームイリジウムレンズ。
Latch ロッシモデル

チョットわかりにくいですが、右レンズの右上に「VR46」の刻印が入ります。
Latch ロッシモデル

何といっても特別感のあるのがこのシグネイチャーシリーズ。
応援している選手モデルであればなおさら抑えておきたいモデルですが
そうでなくてもかっこいいカラーの組み合わせなのでオススメです。


最後にMotoGPライダーといえば、バレンティノ・ロッシ選手とも親交が深い元MotoGP王者、ニッキー・ヘイデン選手が自転車事故により亡くなりました。
非常に残念で悲しいニュースでした。
ニッキー・ヘイデン選手といえば、若く才能の溢れる母国出身のライダーとしてOakleyは早くからサポートしていました。
懐かしいポストカードを2枚。
ニッキー・ヘイデン選手
左は2007年に発売したアイパッチ。
2006年にMotoGPでの総合優勝を果たしたヘイデン選手初のシグネイチャーモデル。
レプソルホンダのオレンジカラーのアイコンに、テンプル内側にはチャンピオンナンバーの「1」がプリントされていました。
そして右は2009年、Ducatiに移籍した際に着用したモデルJupiter(ジュピター)。

当店でも非常に人気の高かったモデルで入荷分はすぐに完売していました。
近年でもCATALYST(カタリスト)やLatch(ラッチ)などを着用していたヘイデン選手。
今後も活躍が期待されていただけに残念でなりません。
ヘイデン選手のご冥福を心よりお祈りいたします。

OakleyハイパフォーマンスモデルFlakDraft登場。

今日はOkaleyスポーツサングラスの新作をご紹介します。
2017年に発売する新作の中で最も注目されるモデルになるのではないでしょうか。
2眼式のスポーツサングラスの最高峰に位置するモデルです。

OAKLEY FLAK DRAFT ASIA FIT(フラックドラフト アジアフィット)
FlakDRAFT

新たなレンズ交換機能が搭載されたハイパフォーマンススポーツサングラス!それがフラックドラフトです。
シングルリリースストリガーという新たなレンズ交換システムによりとても簡単にレンズを交換できます。
FlakDRAFT

アイコン下の黒い部分を上に押しこむと・・・
FlakDRAFT
簡単にレンズが外れます。
FlakDRAFT

交換用レンズを用意すればいつでもどこでもシーンと天気に合わせて最高の視界を得ることが出来ます。
(交換用レンズは別売りです。)
FlakDRAFT

因みにこのFlakDraftですが、今までのoakley2眼式スポーツモデルの中ではレンズのサイズが非常に大きいのが特徴です。
下写真は左がFlakDraftのレンズで右がFlak2.0のレンズです。
FlakDRAFT

鼻側の切込みの部分をそろえて並べると一目瞭然。
FlakDraftの方が周辺までレンズがしっかりと目を覆う設計になっています。
FlakDRAFT

そうなるとレンズが頬に当たりやすくなったり、レンズが曇りやすくなったりするんじゃないの?
と思いますが、このモデルの凄いのは空気流動が計算されたフレーム設計で、レンズの曇りを最小限に防いでくれる事、また掛けたらわかりますが頬にはレンズが当たりにくいアジアフィット設計になっていて非常に快適です。
FlakDRAFT

先日ご紹介しましたFlakBetaがFlak2.0の弟分であればこのFlakDraftは兄貴分。
実際にこれだけ広いレンズ面積ならあらゆる競技で使いやすことは間違いありません。
因みに可視光線透過率20%のプリズムロード搭載のこのモデルで26000円(税別)です。
FlakDRAFT


最後にFlak3兄弟のデザイン比較です。サイド
FlakDRAFT
FlakDRAFT
FlakDRAFT

最後にFlak3兄弟のデザイン比較です。フロント
FlakDRAFT
FlakDRAFT
FlakDRAFT

エントリーモデルのFlakBeta、スポーツモデルのFlak2.0、ハイパフォーマンスモデルのFlakDraft
価格とデザインのバリエーションが豊富になりました。

FlakDraftのレンズが大きいのに頬に当たらない掛け心地、是非店頭で体感下さい。

STRINGERルビーフェイドコレクションOAKLEY

OAKLEYの新作紹介が続きます。
今日は人気ライフスタイルモデルのSTRINGER(ストリンガー)です。
軽くてカッコイイのはもちろんですが今回の新色はカラーも個性的です。

Oakley ルビーフェイドコレクション
STRINGER × Prizm Black

stringer

レンズは先日スポーツモデルに搭載されいるモデルをご紹介しましたプリズムブラック。
可視光線透過率13%。ライフスタイルモデルでも登場です。
stringer

ルビーフェイドコレクションという事でテンプルが途中から赤に変化しています。
アイコンもこのシリーズオリジナルのカラーです。
stringer

ライフスタイルモデルでは右レンズ上部に『Prizm』の刻印が入ります。
stringer

人気モデルの非常にカッコイイカラー。
そして見やすいレンズ。
stringer

これはお勧めです。
ぜひ店頭でお確かめください。



RadarEV UsFit ツール・ド・フランス特別モデル

今日ご紹介するのはコチラのカッコイイサングラス。
Oakley RadarEV Tour de France
オークリー人気スポーツモデル、レーダーEVのツール・ド・フランス特別モデルです。
RadarEVツールドフランスモデル

毎年数量限定でつくられる“ツールドフランス”特別モデル。
どの辺が特別かといいますと、まずはソフトケース。
ツールドフランスのロゴ入りデザインです。
RadarEVツールドフランスモデル
そしてフロント上部、今年のモチーフであるデザインがプリントされています。
RadarEVツールドフランスモデル
そしてレンズ左下にも“ツールドフランス”のロゴ刻印。
RadarEVツールドフランスモデル

レンズはプリズムロードに艶ありのレッドアイコン
と、なかなか美しいカラーリングに仕上がっております。
RadarEVツールドフランスモデル


しかしこのモデルの最大の特徴はRadarEVでは日本初登場となるUSフィトモデルという事です。
つまり今までご紹介してきたRadarEVとは似ていますが大きく異なります。
先日ご紹介しましたRadarEV PrizmBlackと比較しますとこんな感じです。

①フロントシェイプ
もちろん上がUsFit、下がAsiaFitです。
今回のUsfitモデルの方がレンズの上下幅が広く設計されており、全体的にレンズが大きいのが分かります。
RadarEVツールドフランスモデル
RadarEVツールドフランスモデル


②レンズ中心部(鼻側)
横からみるとこれくらい高さに差がでます。その分UsFitの方が上下幅が広いという事です。
RadarEVツールドフランスモデル

③レンズサイド(頬側)
AsiaFit(右)は頬にレンズ端が当たらないようにシャープなスタイルなのに対し、UsFit(左)はサイドまでしっかりとケアされています。RadarEVツールドフランスモデル
RadarEVツールドフランスモデル
RadarEVツールドフランスモデル

④テンプル幅
ここも大きな違いがあります。AsiaFitモデルは頭部の大きいアジア人向けにテンプル幅が広く設計されていますが、UsFitはAsiaFitに比べるとやや狭くタイトフィットに仕上がっています。
RadarEVツールドフランスモデル
RadarEVツールドフランスモデル

ここでご紹介のRadarEV ツールドフランスモデルは、UsFitモデルなのでRadarlockに近い掛け心地になります。
適度なフィット感を求める方やRadarEV Asiafitではレンズサイズがやや小さいとお感じの方にはお勧めのモデルです。

ぜひ店頭でお試しください。

PrizmBlack搭載のRadarEVにFlack2.0登場

定休日明けの今日もOakleyの新作紹介です。
今日は人気スポーツモデルの新色です。

先日RadarlockのPrizmBlack搭載モデルをご紹介しましたが、
この新色レンズを搭載したモデルは実は他にも出ています。

まずはこちら。
RadarlockでPrizmBlackが出るならこのモデルも出るでしょう・・・。

Flak2.0
Matte Black × Prizm Black

Flack2.0プリズムブラック
アイコンはガンメタですね。
Flack2.0プリズムブラック
レンズには“Prizm”の刻印。
Flack2.0プリズムブラック


そしてもう1本。
Radarlockで出たならこちらも出ます。

RadarEV
Poilshed Black × PrizmBlack

radarEVプリズムブラック
アイコンは艶消しのシルバー
radarEVプリズムブラック
Radarlock Prizmblackのページでも説明しましたが、レンズ表面の反射はブラックイリジウムよりやや強く
radarEVプリズムブラック
それでいて可視光線透過率はやや高い(明るい)というすぐれたレンズです。
現在はカスタムにも交換用レンズのみの販売もありません(2017.5月現在)。

今から 定番の黒で~、レーダーEVか・・レーダーロックか・・・フラックがいいかな~
とご検討の方にはとてもオススメです。

ともかく今後の展開が楽しみなレンズです。

プリズムブラック
オークリープリズムブラック3スポーツモデル、
是非店頭でお試しください。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

長井メガネカウンター

検索フォーム

QRコード

QR