FC2ブログ

長井メガネブログ

淡路島・洲本店のスタッフブログです。

子供用ブルーライトカットメガネ

久しぶりの更新となりました。

先週は東京で開催されたメガネの展示会に行ってきました。
帰ってきてからはパソコンの調子がわるくなったり、商店街関係の書類の準備やらでバタバタバタバタしてしまい1週間ぶりの更新となりました。
展示会でオーダーしたフレームは順次入荷します。
当店自慢のブランドたちのニューモデル。
ご期待ください。


さて今日は最近お問い合わせの多い、子供用のブルーライトカットメガネをご紹介します。
タブレットや携帯電話、携帯ゲームから発せられる青色光、気になりますよね。
実際、学生さんを含め若い方を中心に、メガネのご注文時にブルーライトカット機能の付いたレンズを希望される方が増えております。
そこで最近よく聞かれるのが『メガネが必要でない子供がタブレットや携帯ゲームを使用するときのメガネはないの?』というご質問です。

もちろんございます。
それがこちら。
携帯ゲームやタブレットなどを使用するときにだけでも掛けるメガネ『リラクションジュニア』
価格は3800円(税別)
子供用ブルーライトカットメガネ

男の子にも女の子にもお使いいただける2色展開。
子供用ブルーライトカットメガネ

目は大事です。
Youtubeを見たり、携帯ゲームで遊ぶことの多いお子様にはぜひお勧めください。



長井メガネレンズクリーナーがリニューアル

長い間、本当に長い間、当店でメガネをお買い上げいただいたお客様に
お渡しさせていただいていたレンズクリーナー。

当店をご利用いただいたことのあるお客様なら見覚えのあるスプレーではないかと思います。
このスプレーがこのたび新しくリニューアルされました。
長井メガネ
ケースが供給できなくなったとの理由です。


そして新しくなったのがこちらです。
長井メガネ

プリントではなくシールになりました。
でもその分とってもカラフルになりました。
長井メガネ

サイズもやや大きくなり容量も増えました。
“汚れが良く落ちる”と評判だった中の液体は今までと同じなのでご安心ください。
販売もしております。ぜひお試しください。



20%還元キャンペーン開催中です。ぜひコモード商店街をご利用ください。
20%還元セール

紫外線対策レンズ「SPF」と「PA」について

今日はZEISS社の紫外線対策レンズについてのお話です

ここ数日暑い日が続きましたね。
天気予報ではもうすぐ梅雨入り。梅雨が明けるとすぐに強い日差しが降り注ぐ日が続きます。

そこで気になるのが紫外線。
最近CMでも紫外線対策商品を良く見かけます。

日焼け止めなどの化粧品CMで良く目にする「SPF」や「PA」といった文字。
この数字が何を示すかご存知ですか?

紫外線を気にする女性の方なら良くご存知かもしれませんが、これは“紫外線の防止効果の高さ”を表しています。



昔に比べて暑くて、日射しの強い日が多いこれからの時期に注目される「SPF」と「PA」。
紫外線といっても大きく分けて3種類あるのはご存知でしょうか。
オゾン層で吸収され地表には届かないUV-C
エネルギーが強く、肌を赤くしたり、日焼けやシミ、白内障など目や皮膚に悪影響を及ぼすUV-B
エネルギーは強くはないものの長時間浴びることで肌を黒くしたり、シミやシワの原因とされるUV-A
の3種類です。

SPFとは
Sun Protection Factorの略でUV-Bによるサンバーン(赤くなる日やけ)の防止効果を「1~50」までの数値で表したものです。
数値が大きいほど強力な防御効果が得られ、SPF50よりもSPF50+が最高値となります。

PAとは
Protection Garde of UV-Aの略で、皮膚が黒くなる反応を指標にしたUV-Aの防御効果を示します。
UV-Aに対する防御指数を「+」から「++++」までの4段階で表します。「+」の数が多いほど強力な防御効果が得られ、「PA++++」が最高値となります。



「SPF」と「PA」、その注目の高さは各化粧品メーカーのサイトを見てもよくわかります。
紫外線
カネボウホームページより


紫外線
コーセーホームページより


紫外線
ノエビアホームページより

各社とも紫外線の紫外線ケアの必要性と、効果的な商品を紹介しています。


日焼け止を塗るだけでは日焼けします。
しかし、お肌にいくら紫外線カットのクリームを塗っても日焼けを防ぐことはできません。
近年の研究で目も紫外線情報を感知し、皮膚を黒くすることが分ってきました。つまり目から入る紫外線に反応し日焼けしてしまうのです。
だから本気の紫外線対策にはメガネやサングラスが必要となります。


そこでお勧めしたいのがドイツのカール・ツアイス社のPureCoatシリーズです。
↓左右のレンズに「Z」の品質保証マーク
YELLOWS PLUS


このたびZEISS社のPureCoatシリーズのレンズは紫外線防御効果の最高値である「SPF50+」「PA++++」の評価を受けました。
↓PureCoatシリーズのPureCoatPCレンズ。ブルーライトを低減し、反射が少なく透明度が高いレンズ。
YELLOWS PLUS
毎日身につけるメガネだからこそしっかりと紫外線対策したレンズがいいですよね?!

上でご紹介したZEISSのレンズを包み込む美しいフレームはYELLOWS PLUSの「SAMUEL」。
YELLOWS PLUS
いつも当店をお引き立ていただいているF様にお選びいただきました。
シンプルだから飽きのこない長く愛用いただけるメガネです。ありがとうございました。


ZEISS社については過去にも紹介しています詳しくはコチラ


ZEISS PureCoat PC

先日ご紹介した 増永眼鏡×川崎和男 のパソコン用メガネ『ウインクグラス』が、
斬新な機能と軽量素材で話題を集めています。

そんな中、今日はパソコン用レンズのご紹介です。

WINKグラス


ドイツの名門、カールツアイスが発売したパソコン用レンズ『PureCoat PC(ピュアコートPC)』につて
ご紹介します。
ZEISSレンズ

PCレンズとは、レンズメーカー各が発売しているブルーライトをカットするレンズのことで
用途はパソコンに限ったものではありません。


ひと言で『ブルーライトカットレンズ』といっても各社違います。
ZEISS社の『PureCoat PC』と、HOYA社の『Venus Guard Lapis』を比較しました。
ZEISSレンズ

白い紙の上ではPureCoat PCの方がやや黄色味が強いかな・・・という印象です。

今度は黒い紙の上に置きます。
左がZEISS、右がHOYAです。
ZEISSレンズ

全体にブルーの反射が強い右のHOYA社レンズに比べ左のZEISS社のレンズ表面の反射は抑えが効いています。
世界No.1の超低反射率を実現したZEISS社の『PureCoat』の性能はそのままにパソコン用レンズに仕上げました。
反射を抑え、明るさを極めたクリアな世界。
下記のような場面でも有効です。
ZEISSレンズ

パソコン作業姿勢で上からのLEDライトの照明がレンズウラ面で反射し、目の中に入りにくくしてくれます。

ZEISSの世界No.1の超低反射率コートを採用したパソコン用レンズ。
是非店頭で見比べてみてください。

ポラテックでサングラス

先日納品しましたspec espace(スペックエスパス)ES-7083。
フロント部はアセテート、テンプル部はシートメタルのコンビネーションフレーム。

お出かけ用のサングラスとしてご注文にいただきました。

レンズは眩しさを軽減し、すっきりとした視界を約束する「HOYAポラテック」。
話題の偏光レンズです。


specespace



お出かけしても眩しくて目が疲れるという方にはぴったりのレンズです。

HOYA


全9色。カラーサンプルもございます。
偏光レンズの見え方は体験いただくのが1番です。ご希望の方はお気軽にお申しつけ下さい。
HOYA


お盆休みは終わりましたが“これからお盆休み”という方もいらっしゃると思います。
まだまだ日射しが強いですのでお出かけの際はサングラスを忘れないで下さいね。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

長井メガネカウンター

検索フォーム

QRコード

QR