長井メガネブログ

淡路島・洲本店のスタッフブログです。

日本眼鏡技術専門学校に行ってきました

昨日の定休日は大阪でメガネの講習会に参加してきました。
開催された場所は母校でもある吹田(大阪)の“日本眼鏡技術専門学校”。

3時間の講習に参加するのに片道2時間近くかけて行くのもどうか・・・
もう少し近い会場を探せばよかった・・・と思いましたが約10数年ぶりに学校に行くのが懐かしくもあったので参加しました。


3年ごとにやってくる認定眼鏡士の資格更新のためには『認定眼鏡士の知識・技術レベル向上のためのセミナー』を数回受けなければいけません。
ですので時間とタイミングのあった時は今回のように参加しておかないと3年なんてあっという間なのです。


大阪の梅田から阪急電車“北千里”行きへ乗り込みました。
目的地のある駅までは約30分ほど、途中には下宿していた駅もあります。
(降りて寄りたいお店もありましたが・・・時間がなくまたの機会に・・・)

日本眼鏡技術専門学校

車窓に映るのは変わらない懐かしい景色と、見たことのない目新しい景色、
久しぶりの阪急電車の揺れらながら眺めているとあっという間でした。


“南千里”で降りて学校へ。
駅周辺の変わりように驚きました。
マンションが増えた為か、いろんなお店が増えていてスーパーもきれいに大きくなっていました。
日本眼鏡技術専門学校

何度も立ち止った交差点。
日本眼鏡技術専門学校

そして到着。
日本眼鏡技術専門学校


日本眼鏡技術専門学校

学校は、敷地内?に郵便局ができていた事以外は変わっていなかったように思います。
レンズ加工の練習をした教室もきれいに掃除されていました。
日本眼鏡技術専門学校

学校

写真は撮ってませんが今回の講師は昔から非常にわかりやすいと評判のY先生。
メガネをフィッティングする上での大切なことを再確認することができました。

勉強になった3時間を終えて帰りは阪急電車で三宮まで。
またまた懐かしい景色を見ながら帰ってきました。



そして今日はコモードタイムスの折込日でした。
今日から始まったセールの内容と
コモード56商店街

裏面は明日のイベントの告知。
コモード56商店街

とにかく大好評の商品券は明日も数量限定で販売されます。
コモード56商店街

お近くの方はもちろん、商店街内で買う物が決まっている方は是非お買い求めください。
※ちなみにチラシ左の寄せ植え教室は開始1時間もたたないうちに定員オーバーとなり締め切りました。

認定眼鏡士とメガネ

昨日はよいお天気でした。
こんな休みの日はお花見で行って癒されたい気分ですが、なんとこの日も先日のOAKLEY大阪セミナーに続き大阪に行ってきました。

認定眼鏡士



この日向かったのは大阪の本町。
目的は認定眼鏡士の知識・技術レベル向上のためのセミナーを受けるためです。
この日は2つの演題でセミナーが開催されました。
認定眼鏡士


まず1つ目。
私も卒業しました日本眼鏡技術専門学校の校長を務める「辻 一央」先生による
眼鏡士の心得
認定眼鏡士



そして2つ目。
日本眼科医会 常任理事 杉浦眼科院長の「杉浦 寅男」先生による
眼科医療 最新の話題
認定眼鏡士


と、2つの演題あわせてたっぷり5時間弱のセミナーでしっかりと勉強してまいりました。



辻先生のお話の中にもありましたが、日本はメガネをつくるのに資格が必要ではありません。

しかし海外ではメガネの調整に携わるには3年~8年の専門教育を必要としており、
アメリカ、カナダの北米諸国、イギリス、フランス、ドイツ等のEC諸国、インド、マレーシアなどの東南アジア諸国、中国、韓国、台湾などの東アジア諸国など世界オプトメトリー会議参加の45ケ国で専門教育をベースとした公的資格が定められています。


不適切なメガネを装着した場合、例えば像のゆがみ、頭痛、目の疲れなど様々な問題が現れます。

そんな大切なメガネだからこそ世界の多くの国ではしっかりと資格をもった人が販売しています。

認定眼鏡士


世界からみて、とてもおくれている日本でメガネ関連の唯一の資格と言えるのが「認定眼鏡士」。
認定眼鏡士は知識や技術の厳しい審査をパスした物だけに与えらます。


このステッカーが目印
認定眼鏡士


そしてその資格は3年ごとに更新が必要となります。

生活のニーズにあわせた新しい設計のレンズ。またパソコン普及にともない疲れ目や
ドライアイなど、生活習慣から生じる様々な症状も、眼鏡士はいち早く
把握しておかなければなりません。
そのため認定眼鏡士の資格の有効期限は3年。

資格維持には生涯にわたって今回のような様々な教育を受けます。

だからこそ、メガネは認定眼鏡士のいるお店がオススめです。

メガネ選びのとても大切なポイントです。

高槻市 タテヤマ眼鏡店

長井メガネ(当店)には

こだわりフレーム こだわりフレーム こだわりフレーム

様々なこだわりをもったフレームがございます。
『こだわり』は独特の魅力を引き出すように思います。


もちろんこだわりはフレームだけではありません。
お店のこだわりもございます。
その1つが
認定眼鏡士 認定眼鏡士

『認定眼鏡士』は眼鏡関連では唯一、厚生労働省の認可を受けている公益法人
日本眼鏡技術者協会が認定する資格です。

色々な方の様々な目の状態にあわせた最適なメガネをおつくりするために
資格取得には様々な知識と技術が必要です。

また資格更新には講習を受ける必要があります。
時代と共に変化するレンズ設計や生活習慣などに対応するために資格の継続はこだわりの1つ。



そんな眼鏡士仲間でよく連絡を取り合っている方が大阪にいます。
眼鏡士の資格を取るために通った眼鏡学校の仲間です。

高槻市のタテヤマ眼鏡店さん
タテヤマ眼鏡店 ←タテヤマ眼鏡店HP

今までの色々な経験が(私よりも年上です)こだわりとなって店内の全てに活かされて
いるお店です。
ブログもされてます。


タテヤマメ眼鏡店 ←タテヤマ眼鏡店ブログ

高槻市・茨木市にお住まいの方、
是非一度のぞいてみて下さい。

きっとすてきなこだわりを感じられますよ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

長井メガネカウンター

検索フォーム

QRコード

QR